資格難民にならないためにはどうすればいいでしょうか?

「資格難民」という言葉をご存知でしょうか。スキルアップのために資格を取ったのに、その分野の仕事に就くことができない人のことを指す言葉ですが、もしもその資格を取得するがために現在の仕事を辞めて勉強していたとしたら、これほど悲しいことは有りませんよね。
では、どうしてそんなことが起こってしまうのか、資格難民にならないためにはどんな事に気をつけるべきなのかを考えてみましょう。
まず、資格難民になりそうな傾向がある人に共通して言えることは「資格」というものをまるで魔法か何かのように過信しているということが挙げられます。資格を持っていれば就職の際に有利になるのは事実かもしれませんが、それがいつの間にか「資格さえ持っていれば必ず就職できる」に脳内で変換されてしまうといった結果になってしまうのです。
そして、中にはマニアのように片っ端から資格を取得しようと躍起になり、本来の目的である転職なりステップアップといったことを忘れてしまうということさえ起こってしまいかねません。
そんな資格難民にならないためには、いったん取得を目標としている資格を客観的に見てみてはいかがでしょうか。その資格は本当に就職の際に役に立つのか、ということを少し視野を広げて考えてみて下さい。
それから逆に「どんな資格ならば転職に有利か」といった視点から考えるのもおススメです。現在の就職市場のニーズを調べてみるのです。例えば現在この職種の資格保持者は、市場があまり広がっていない割に受験者が増えているなどという場合は安易に突き進むというのは考えものですよね。逆に高齢化社会が急激に進んで、この先も高齢者が増える一方であることが見えている介護業界等は転職の際に資格を持っていたら重宝がられるかもしれません。
資格取得の際に、もしも講座等を受講するのならばなるべく就業サポートが充実しているスクールを選ぶというのもひとつの方法です。就職のサポートをしてくれたりアドバイスを受けられるということだけでなく、スクールやそこで出会った人などから情報を得ることが期待できるのではないでしょうか。就職の際に大きなポイントを占めているのは情報ですよね。そんな人間関係がスクールを通して生まれるのならベストですよね。
このようにやみくもに資格取得を目指すのではなく、その資格についての下調べを十分に行った後に、取得した数年後の自分を思い浮かべてイメージを作ってみると案外しっくりくる資格を見つけることができるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です