国が認定した資格にはどんなものがありますか?

世の中には様々な資格が存在しますが、その中でも社会的信頼性が高いのが国家資格と呼ばれるものです。これは簡単に言えば国(国家)が認めたものであり、これに則って国から委託された機関が業務を行うというものです。その多くが独占業務、つまりこれを有している者のみが特定の業務を行うことが出来るため、取得難易度が高めとなっていますが、その分社会的信頼は非常に大きいと言えます。
たとえばどんなものがあるかというと、世間的に広く知られている医師や弁護士(司法試験)、税理士や公認会計士、中小企業診断士や社会保険労務士などが挙げられます。前述した例を公認会計士で当てはめていくと、まず公認会計士とは、企業が作成した貸借対照表や損益計算書などの財務諸表を第三者目線からチェックし、それらを利用する株主や債権者などの利害関係人の保護を行うことを独占業務とする専門家です。独占業務とあるように、この業務は国家資格を有する公認会計士のみが行うことができ、それ以外の者が行うと罰則が課せられてしまうことがあります。非常に責任の大きい業務を行うこととなるため豊富な知識と経験が必要であり、その入り口として公認会計士試験に合格しなければなりません。公認会計士試験は非常に難関な試験として知られており、合格率は数%となっています。このことからも国家が認めたものとしての価値の高さをうかがい知ることが出来ます。
国家資格は前述した公認会計士試験のように、非常に難易度が高いものがほとんどです。公認会計士は特に学歴などの受験制限はなく誰でも受験することが出来ますが、たとえば医師であれば大学の医学部を卒業生する必要があったり、税理士であれば簿記一級を有していなければならなかったりと、受験するのみでも高いハードルをクリアしなければなりません。その分、取得して経験を積むことができれば、職業的専門家として安定した仕事を行うことが可能となります。それほど、国が認定したというのは高い価値を有しているということです。
もちろん、国が認定したもの以外でも、民間や団体が認定しているもの、あるいは簿記のように「検定」であるものなども、取得しておけば人生の役に立つものです。ただ、やはり国が認定したものは飛び抜けて社会的信頼性が高いものとなっているため、まずは数ある国家資格の特徴や種類を知り、それらが社会に対してどのように貢献しているかを調べてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です