資格難民にならないためにはどうすればいいでしょうか?

「資格難民」という言葉をご存知でしょうか。スキルアップのために資格を取ったのに、その分野の仕事に就くことができない人のことを指す言葉ですが、もしもその資格を取得するがために現在の仕事を辞めて勉強していたとしたら、これほど悲しいことは有りませんよね。
では、どうしてそんなことが起こってしまうのか、資格難民にならないためにはどんな事に気をつけるべきなのかを考えてみましょう。
まず、資格難民になりそうな傾向がある人に共通して言えることは「資格」というものをまるで魔法か何かのように過信しているということが挙げられます。資格を持っていれば就職の際に有利になるのは事実かもしれませんが、それがいつの間にか「資格さえ持っていれば必ず就職できる」に脳内で変換されてしまうといった結果になってしまうのです。
そして、中にはマニアのように片っ端から資格を取得しようと躍起になり、本来の目的である転職なりステップアップといったことを忘れてしまうということさえ起こってしまいかねません。
そんな資格難民にならないためには、いったん取得を目標としている資格を客観的に見てみてはいかがでしょうか。その資格は本当に就職の際に役に立つのか、ということを少し視野を広げて考えてみて下さい。
それから逆に「どんな資格ならば転職に有利か」といった視点から考えるのもおススメです。現在の就職市場のニーズを調べてみるのです。例えば現在この職種の資格保持者は、市場があまり広がっていない割に受験者が増えているなどという場合は安易に突き進むというのは考えものですよね。逆に高齢化社会が急激に進んで、この先も高齢者が増える一方であることが見えている介護業界等は転職の際に資格を持っていたら重宝がられるかもしれません。
資格取得の際に、もしも講座等を受講するのならばなるべく就業サポートが充実しているスクールを選ぶというのもひとつの方法です。就職のサポートをしてくれたりアドバイスを受けられるということだけでなく、スクールやそこで出会った人などから情報を得ることが期待できるのではないでしょうか。就職の際に大きなポイントを占めているのは情報ですよね。そんな人間関係がスクールを通して生まれるのならベストですよね。
このようにやみくもに資格取得を目指すのではなく、その資格についての下調べを十分に行った後に、取得した数年後の自分を思い浮かべてイメージを作ってみると案外しっくりくる資格を見つけることができるのではないでしょうか。

国が認定した資格にはどんなものがありますか?

世の中には様々な資格が存在しますが、その中でも社会的信頼性が高いのが国家資格と呼ばれるものです。これは簡単に言えば国(国家)が認めたものであり、これに則って国から委託された機関が業務を行うというものです。その多くが独占業務、つまりこれを有している者のみが特定の業務を行うことが出来るため、取得難易度が高めとなっていますが、その分社会的信頼は非常に大きいと言えます。
たとえばどんなものがあるかというと、世間的に広く知られている医師や弁護士(司法試験)、税理士や公認会計士、中小企業診断士や社会保険労務士などが挙げられます。前述した例を公認会計士で当てはめていくと、まず公認会計士とは、企業が作成した貸借対照表や損益計算書などの財務諸表を第三者目線からチェックし、それらを利用する株主や債権者などの利害関係人の保護を行うことを独占業務とする専門家です。独占業務とあるように、この業務は国家資格を有する公認会計士のみが行うことができ、それ以外の者が行うと罰則が課せられてしまうことがあります。非常に責任の大きい業務を行うこととなるため豊富な知識と経験が必要であり、その入り口として公認会計士試験に合格しなければなりません。公認会計士試験は非常に難関な試験として知られており、合格率は数%となっています。このことからも国家が認めたものとしての価値の高さをうかがい知ることが出来ます。
国家資格は前述した公認会計士試験のように、非常に難易度が高いものがほとんどです。公認会計士は特に学歴などの受験制限はなく誰でも受験することが出来ますが、たとえば医師であれば大学の医学部を卒業生する必要があったり、税理士であれば簿記一級を有していなければならなかったりと、受験するのみでも高いハードルをクリアしなければなりません。その分、取得して経験を積むことができれば、職業的専門家として安定した仕事を行うことが可能となります。それほど、国が認定したというのは高い価値を有しているということです。
もちろん、国が認定したもの以外でも、民間や団体が認定しているもの、あるいは簿記のように「検定」であるものなども、取得しておけば人生の役に立つものです。ただ、やはり国が認定したものは飛び抜けて社会的信頼性が高いものとなっているため、まずは数ある国家資格の特徴や種類を知り、それらが社会に対してどのように貢献しているかを調べてみると良いでしょう。

資格の学校TACの強みはなんでしょうか?

資格の学校TACの強みは、まずなんといっても実績が豊富にあることです。1980年の創立以来、各資格試験において多数の合格者を輩出している事実は、何よりも説得力があるといえるでしょう。現在も1年間に約20万人の方が同校で受講しており勉強に励んでいます。TACの校舎は、高立地な場所にあるということも見逃せません。通学する場合は、やはりなるべく通いやすい場所にある学校に行った方が効率よく無理なく勉強できます。どんなに良いスクールでも、通学するのに1時間以上もかかるようですと時間がもったいないです。その点、同校の校舎はすべて駅から近い場所にあるのでアクセス良好です。TACの強味には講師の質の良さも挙げることができるでしょう。同スクールでは、合格者講師主義を掲げており、基本的に講師として採用するのは、実際に資格試験を突破してきた優秀な人を採用するようにしています。経験者だからこそ自らの合格経験に基づいた具体的なアドバイスができるわけで、単に知識を教えるだけでなく、合格するためにはどのような心構えが必要なのか、どのように学習を進めていけばいいのかを細かく教える事が可能です。また学習教材も完全オリジナルなものを使用しており、最近の出題傾向や法律改正などの最新の動向を迅速にテキストに反映させてアップデートを怠らないのも強味でしょう。これは独学では受けることができないメリットで、受講生はとにかく同校で準備した教材を信頼して勉強を進めていけば合格へぐんぐん近づいていくことができます。アフターフォローが手厚いのも素晴らしく、例えば講義の音声を収録したデータファイルを、インターネットから簡単にダウンロードして聴くことができます。講義を復習したい時や、欠席してしまった場合などにとても重宝するのは間違いありません。講師に直接質問・相談できる校舎も多く、講師は親身になって受講生にアドバイスしてくれます。TACは受講方法が豊富なのも強味です。講座によって違いますが、教室での講義の他にWEB通信講座・音声ダウンロード通信講座・DVD通信講座・資料通信講座など様々な学習スタイルを選ぶことが可能となっていますから、受講生のあらゆる状況に対応できます。TACでは資格を取ったら終わりということではなく、合格者の就職をサポートする取り組みも行っており好評です。就職情報の提供や、就活のスキルアップ研修や個別進路相談など様々なサポートを受けることができるので安心でしょう。